女子の方がおしゃれをしやすい!なぜ男子のおしゃれは難しいの?

ネット等でたくさんの服を見ていると、レディースのボリュームの多さに驚かされます。
一方、メンズファッションは似たものが非常に多く、おしゃれの幅が女子に比べて狭くなっているように感じます。

それでも一昔前よりはメンズファッションのアイテムも充実してきました。
数年前にレディース物を身につけるメンズファッションがトレンドになりましたが、言い方を変えるとレディースを身に着けないと一段階上のおしゃれができない状況だったのです。

もちろん、そんなの関係なしにリメイクをしたり上手に組み合わせることができる方もいらっしゃったと思いますが、一般的にメンズファッションの敷居は高いのが現実でした。

そしてそれは改善傾向ではありますが、まだ完全解消とは言えないことが現状です。

また、女子のおしゃれは「女子にとってのかわいい」と「男子にとってのかわいい」がほぼ一致します。
一方、男子のおしゃれは「男子にとってのかっこいい」と「女子にとってのかっこいい」が一致しない傾向にあるのです。

これはすべてのファッションではありませんが、そうなる可能性が高いという点も男子のおしゃれの難しい理由の1つです。

しかし、これらを乗り越えてこそ本当のおしゃれ。
女子はタレントやモデルに憧れを抱き、先駆者たちのファッションセンスを自分の中に取り入れようとしています。
一方で男子は、どこかで比べてしまい中々先駆者たちのファッションセンスを素直に受け入れられない部分が強いです。

以前、一世を風靡した木村拓哉さんはカリスマ性が高く、彼のファッションを取り入れる男性が多かったです。

木村拓哉さんが茶色のダウンを着れば瞬く間に街中から茶色のダウンが消え、彼がロン毛にすれば街にロン毛の男性が急増しました。

そんなカリスマ性を持ったタレントやモデルはなかなか生まれないので、男子にとっては参考にする人を増やしていくという気持ちを大切にする必要があるのではないでしょうか。そして、気になるアイテムや個性を出すアイテムは、オリジナルTシャツ プリントなどで作ってみるのはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です